当院の分娩について

当院の分娩について

当院では自然分娩を中心に行っておりますが、ご希望に応じて計画分娩も行っております。緊急の際には、状況に応じて、吸引分娩、鉗子分娩、帝王切開などに迅速に切り替えます。また、里帰り出産にも対応いたしておりますので、ご相談ください。

自然分娩

自然分娩とは

医療の介入を最低限にした、自然の流れに沿った経膣分娩のことです。当院では、多くの方が自然分娩でご出産されています。本来の陣痛の前に起こる「前駆陣痛」がきたらお電話をいただき、おしるしの状況を確認しながら病院にお越しいただき、出産となります。出産時は、必要に応じて、陣痛促進剤やバルーンなどの医療サポートもいたします。

自然分娩の注意点

妊娠経過によっては、帝王切開もしくは計画分娩をおすすめする場合もあります。また、出産時の状況によって、吸引分娩やかんし分娩になる場合もあります。こうした医療のサポートは安全を守るために必要なことであり、決して不自然ではないことをご理解ください。

計画分娩

計画分娩とは

当院では、希望者を対象に、「計画分娩」を行っております。計画分娩とは、事前に分娩日を決めて分娩の誘発を行うことをいいます。陣痛促進剤や医療バルーンを用いて行います。計画分娩は医療のサポートはありますが、不自然な分娩ではありません。陣痛のきっかけを作る手段とお考えください。立会い出産を希望される方やご家族の都合などで計画分娩を選択なさる方が増えています。

計画分娩のメリット

  • 約9割の方が、予定した日に出産をすることが可能です。
  • 出産日が決まっているので、準備がしやすく、リラックスして臨めます。
  • 立ち会い出産のご希望など、ご家族の計画も立てやすくなります。
  • 墜落出産(病院に着くまでに間に合わない出産)を予防できます。
  • 日中(病院の人手の多い時間帯)の出産が可能で安全性にも優れています。
計画分娩の注意点

妊婦・胎児の状態によってはお勧めしない場合もあります。

薬品、処置代のみ別途必要です。

計画分娩が適した方

  • 前回の分娩経過が早かった方
  • 経産婦(多産)の方
  • 遠方にお住まいの方
  • 立ち会い出産をご希望の方
  • 慎重な母体の管理、胎児の管理が必要な方

計画分娩の実施日について

計画分娩は、月曜、水曜、金曜、土曜におこなっており、1日おひとりのみとさせていただいております。ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

吸引分娩、鉗子分娩、帝王切開

吸引分娩

急速遂娩(急いで出産する必要があること)が必要となった場合や児頭が娩出しずらい時の補助として行われます。子宮口が全開大しており児頭が骨盤濶部まで下降している時に行われます。条件を満たさない場合は帝王切開になる可能性があります。
適応 胎児機能不全、微弱陣痛、回旋異常など

鉗子分娩

吸引分娩と同様に急速遂娩が必要となった場合や児頭が娩出しずらい時の補助として使用されます。子宮口が全開大しており児頭が嵌入・固定し鉗子適位にあることが条件となります。条件を満たさない場合は帝王切開になる可能性があります。
適応 胎児機能不全、微弱陣痛、回旋異常など

帝王切開

急速遂娩が必要な場合や経膣分娩が不能または経膣分娩によるリスクを回避する場合に行われます。
適応 前回帝王切開、骨盤位、児頭骨盤不均衡、前置胎盤、低置胎盤、胎児機能不全、分娩停止など

里帰り出産

当院では里帰り出産をお受けしています。メリット・デメリットがありますので、よくご検討ください。

 

里帰り出産を予定されている方へ(当院から他院へ)

妊娠週数が進むにつれて、産科的な合併症のリスクが増加します。里帰り出産を予定されている方は、適切な時期に里帰りしましょう。

メリット
  • 出産前後に、実父母からの家事や育児のサポートが受けられる。
  • 精神的な安心感が得られる。
デメリット
  • 情報が間接的になり、出産する施設での情報が不足する心配がある。
  • 健診を通して、慣れ親しみ信頼関係のあった施設から離れて出産する。
  • 施設間での治療方針の違い。
  • 妊娠後期・産褥早期に移動するので、母子に負担がかかる。
  • 本来受けられるはずの行政サービスが受けられない。
注意事項
  • 当院での妊婦健診は32週までとさせていただきます。
  • 妊娠初期に里帰り先の分娩予約を行い、先方施設の指示に従ってください。
  • 里帰り前に、検査結果を含めた紹介状をお渡しします。(妊娠初期に紹介状が必要な方はお申し出ください)
  • 里帰り前に合併症が出現した場合、里帰りができない場合があります。高次医療施設への転院という場合もあります。

里帰り出産を希望される方へ(他院から当院へ)

  • 妊娠16週までに、外来受診と分娩予約をお願いします。(できれば紹介状をご持参ください)
  • 妊娠経過が順調で、特に問題がない場合は、妊娠34週までに里帰りをお願いします。紹介状と検査結果をご持参ください。
  • 帝王切開が必要な場合(骨盤位など)や、管理が必要な場合は、早めの里帰りをお願いします。
  • 切迫早産や合併症が診断された方はご連絡ください。(程度によっては、里帰りをお断りすることがあります)
  • 胎盤位置異常(前置胎盤・低置胎盤)、妊娠高血圧症の方の里帰りはお断りすることがあります。
  • 当院で管理困難な場合は、高次医療施設をご紹介することがあります。
  • こちらから里帰り出産をお断りする場合、分娩予約金は全額お返しします。

WEB、院内タッチパネル、電話で可能な予約システム

WEB予約は24時間対応可能です。

common_tel.png